「はたらく」の意味は、「傍」にいるひとを「楽」にすること。
まちづくり学校では、はたらく(活動する)人の相談を受け止め、よりはたらきやすい環境をつくるため、傍楽方(はたらきかた)相談室を開設しています。

まちづくり学校の事業でスタッフとして働いたり、諸々の活動に顔を出したりする中で、「あれ、なにか変だな?」と違和感やストレスを感じたら、遠慮なくご相談ください。もちろん、相談者のプライバシーは厳守します。ご本人の同意を得ずに個人情報を相談室の外に持ち出すことも決してありません。
問題が深刻な場合にはご本人と相談の上、公的機関のアドバイスを受けたり問題の解決を委ねたりする(いわゆる法的措置をとる)こともあります。



組織の中に埋もれそうになっている「つぶやき」に耳を傾け、皆が安心して楽しく活動に関われるように、守るべきものは守り、改めるべきものは改める。私たちはそんな組織をつくっていくことを目指しています。

主な相談内容

 ・各種ハラスメントに関する相談
 ・労働環境や条件に関する相談
 ・コンプライアンス(法令・社会的ルールの遵守)に関する相談
 ・その他、まちづくり学校について気になること全般

まちづくり学校の会員はもちろん、まちづくり学校の事業や活動の中で生じた問題や困りごと、感じたストレスや違和感など、関わった人であればどなたでも相談室を利用できます。

〜 相談室 ご利用の手順 〜

Step1
まずは、下記の相談員宛にメールでご相談の概要をお知らせください。
相談員は代表、副代表、事務局長以外の運営委員が担当しています。
《相談員》 金子洋二(かねこようじ)/男性 hataraku.yk@gmail.com
      渡邉 彩(わたなべあや)/女性 hataraku.aw@gmail.com

Step2
相談の概要を受け取りましたら、詳しい内容を伺うため、相談員から折り返しご連絡いたします。
連絡手段に関してご希望がある場合はStep1のメールでお知らせください。

Step3
ご相談の上、必要に応じて以下のような方法も取り入れながら問題の解決方法を一緒に考えます。
 ・直接お会いしてお話を伺う
 ・当事者同士の話し合いを調整する
 ・第三者に仲裁を依頼する
 ・必要な法的措置をとる

Step4
問題の解決方法についてご提案します。
解決しない場合はStep3、Step4を繰り返します。

NPO法人まちづくり学校個人情報保護方針に基づき、個人情報は厳守いたします。
情報の正確を期すため、ご相談の内容は録音・録画・写真などの形で記録させていただくことがありますので、予めご了承ください。