スタイルブック 目次

まちあるきスタイルブック 目次


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 


 

   はじめに

 まちあるきスタイルブックの自己紹介

 

 まちあるきを読む視点

 ・あれこれ考えずに五感を開いて歩く

 ・古地図を片手にまちを歩こう

 ・高いところからまちを俯瞰してみよう

 ・興味に合わせて地図を調べよう

 ・まちのサインを見逃すな

 ・路地裏に迷い込んでみる

 ・観察し、数え、スケッチしてみる

 ・お店はまちを映し出す鏡

 ・自然のめぐみを五感(+1)で感じよう

 ・水辺を観察して暮らしの光景を読む

 ・さりげなく置かれた職人の技を観察

 ・住民が大切にしているものに着目

 おもしろく企画する

 ・ガイド集団をつくろう

 ・ガイド企画を育てる

 ・まちあるきを究める趣味人たち

 ・宝物を見つけみんなで分かち合う

 ・誰もが楽しめるまちあるき

 ・子どもが夢中になる仕掛けをしよう

 ・クイズで謎解き 

 ・流域の中で自分のまちを捉え直す

 ・街角でインタビューする

 ・活きる町屋の建築めぐり

 ・駅から歩く

 ・季節を探して楽しむ

 ・里山の震災復興を巡るまちあるき

 

 ブラニイガタ2013レポート

 ・まちなか商店街の魅力を訪ね歩く

 ・大地の芸術祭のまち 松代を歩く

 ・現代の課題、地域のきずなを巡る

 ・工場夜景をバスで巡る