水と土の芸術祭2018市民プロジェクト

水の記憶新聞づくり  小学生記者募集中! 


  この事業は、子どもたちにまちの魅力に気付き、まちを好きになってもらいたいという思いで2013年から毎年夏休みに、小学生以上の親子を対象に行っています。

  今年は水と土の芸術祭2018市民プロジェクトとして、地元ガイド「しろね大凧タウンガイド」のみなさんと南区白根で開催いたします。白根で行うのは今年で3回目となります。

 「中ノ口川を巡る〜大凧のまち白根と水との闘い」をテーマに、川の記憶をたどるまちあるきと新聞づくりを行います。

 農業が盛んで果樹王国としても有名な新潟市南区。肥沃な土壌を運んだ中ノ口川は、かつては洪水を繰り返す暴れ川であった記憶は忘れられがちです。先人たちが治水のために奮闘してきた歴史を、川と対峙した現場に足を運び、数々のモノクロの写真と照らし合わせながら学ぶと共に、南区の伝統である大凧合戦の舞台として人々に親しまれてきたことも改めて見つめ直すきっかけにしたいと思っています。子どもたちの目に映った過去から現在への移り変わりと未来へつながる気づきを、思うままに1人ひとり新聞に書き上げます。聞作りでは編集のプロのアドバイスを受け、完成させます。

 

 ぜひ、夏休みの思い出づくりに参加しませんか?


 

〈開催日時〉2018年8月7日(火)9:00~15:00 雨天決行!  ☆低学年・高学年向けミッションもあるよ!☆

 〈講師〉○しろね大凧タウンガイドのみなさん

      ○編集工房わらくの和田一良さん

      ○まちづくり学校スタッフ

  

〈集合場所〉割烹 金長(南区白根2852)

 〈対象・定員〉親子先着30名(定員になり次第締切) 祖父母や親戚などお子さまと親しい大人可

 

〈参加費〉1人500円(資料代・保険代含む。兄弟2人目から300円)

  〈昼食〉 別途500円(おにぎり・味噌汁・漬物あり) ※申込み時に予約

 〈持ち物〉水筒、帽子など暑さ対策

 ◎参加者の方には後日、当日の詳細についてご連絡します。

 

〈申込み方法〉小学生と保護者の氏名・学校名・学年・住所・電話番号・昼食申込みの有無を明記しメールまたはFAXで7/31(火)までにNPO 法人まちづくり学校までご連絡ください。                      

 

〈お申込み・お問い合わせ先〉 

 NPO法人まちづくり学校(平日9時~17時)

 〒950-2002 新潟市西区青山5丁目8-22

 E-mail info@machikou.com

 TEL(025)201-9320 FAX(025)201-9321

 

■ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。